デザイン悩み

【会社にバレない副業】年間20万までなら確定申告しなくてもOK!?

サラリーマン副業-20万まで申告無しって本当?1
会社に「給料を上げて下さい!」ってものすごく言いづらい、このご時世。

でも、ほんのチョットでも小遣い&生活費が増額できるとありがたいですよね。

だからといって、家庭を持っている方が相方に「小遣いを増やして・・・。」なんて言ったら、どんな騒ぎが待っているかを考えると背筋が寒くなります。

じゃあ、給料とは別に収入を得るか・・・。と考えたところで、会社に「副業してます」って本気で言いづらい。(いや言えません。。)

「副業の事を会社に言いづらい。。」というか申告するのが面倒くさい。。と考えてほとんどの方は、副業を諦めてしまっているのではないでしょうか。

サラリーマンの皆様、お小遣い増額を諦めなくても大丈夫です!

サラリーマン副業-20万まで申告無しって本当?2

そんなサラリーマン(月給取り)の皆さん。知っていましたか?(私は1年前まで全く知りませんでした。)

サラリーマンであれば、年間20万までなら給料とは別に副業で稼いでも、会社の誰に何も言わなくても問題ないのです!

 

税務署に申告しなくてOK=会社に申告する必要無し!

サラリーマン副業-20万まで申告無しって本当?3

なぜ副業が20万以下であれば会社に申告する必要が無いかというと、税務署さんがサラリーマン(月給取り)であれば、原則副業で年間20万以下の収入があっても申告したくて良いといっているからです。

最近は政府が副業を推進していますが、結局会社に申告しないといけないのであれば(多かれ少なかれ冷たい目でみられると思うので。。)意味ない!労働者の立場で考えて欲しいと思っていたので、この事を知った時は、チョットぼう然としました。

年間20万円までという事は、一月あたり約1万6600円、会社の誰にも知られずに副収入を得られる事ができます。

もし月3万円のお小遣いの割り振りがある場合(3万円+1万6600円=4万6600円)月お小遣いが3万円から4万6600円になるのです。

(あれも欲しい、これも欲しい・・・。)夢が広がります!

ただ、医療費控除やふるさと納税などの適用を受ける場合は、20万円以下でも確定申告を行っていく必要があります。=会社に申告する必要があります。

もし本当かと疑ってしまった場合は下記「税務署HP」で確認してみてくださいね。

税務署HP

 

サラリーマンの皆さん、副業をしましょう。

サラリーマン副業-20万まで申告無しって本当?4
税務署さんのHPでも書いてあるように、衣類・雑貨の売却、自家用車を貸して得られた所得、HP作成や労働にたいしての所得、仮想通貨の売却、競馬などの所得などで得られた収入は、給料以外でも20万以下であれば申告しないでOKです。

要はサラリーマン(月給取り)であれば、最近流行っている「ネット上のクラウド系の仕事」や「バイト」でも、年間20万以下(経費除く)であれば会社に申告する必要がありません。

(※非正規社員さん、バイト・パートさんは、税務署に申告する必要があるので注意してください。)

副業が年間20万以上になったら、会社に申告していきましょう。

副業で20万以上稼げるようになれば、ハッキリいって怖いものはありませんよね。堂々と会社に申告していきましょう。

(そこまで副業だけで稼ぐことができる人材を会社は手放したりしません。)

この事を知ってから、私は副業にいそしんでいます。

生活費の足しには少々足りない額ですが、お小遣い増額と考えると鼻息も荒くなります。

サラリーマンの皆さんも、とりあえずは年間20万円稼げれるよう副業をしてみませんか?

 

まとめ

サラリーマン(月給取り)であれば、副業で年間20万円稼いでも会社に申告する必要がありません。

税務署さんが原則申告しないでOKと言っているので=会社に申告する必要も無し!

年間20万以下では少ないかと感じられる方も多いとは思いますが、まずはお小遣い増額と考えて是非副業をチャレンジしてください♪

 

関連記事
1人で2人分稼ぐ方法-副業アフィリエイト
1人で2人分稼ぐ方法〜自分の分身をつくる![副業アフィリエイト]

続きを見る

デザイナーには副業がある1
【あきらめない】金銭的に不安なデザイナーには副業がある!

続きを見る

スポンサーリンク

-デザイン悩み