0からのワードプレス記事副業

初心者の方にもお薦めレンタルサーバー「エックスサーバー」の始め方〜設定方法

初心者の方にもお薦めレンタルサーバー「エックスサーバー」の借り方

レンタルサーバーを借りたいけど、レンタルサーバーの借り方がいまいち分かりませんよね〜。

そこで、今回は実際に「エックスサーバー」の借り方の方法をできるだけ詳しくご紹介いたします。

ちなみに今回ご紹介する方法は、10日間無料お試しができるサーバーの借り方です。

(※10日間の間に気に入らなければ、解約する事もできます。)

 

広告収入副業に必要な手順「6」

今回は“ネット副業(広告収入副業)を得るために必要な手順の「6つ」”の中の「2」のその2「エックスサーバーに始め方〜設定」です。

  1. レンタルサーバーを借りる
    • おすすめレンタルサーバーBEST3
    • エックスサーバーの始め方〜設定
  2. オリジナルドメインを取得する
  3. レンタルサーバーにワードプレスを入れる
  4. ワードプレス有料テーマを入れる(任意)
  5. 広告主との仲介サイトに登録
  6. 記事を書いて、広告をブログ・HPに設置

 

新規サーバーを申し込む

エックスサーバーのHPを開く

初心者でも分かるエックスサーバーの借り方−1
エックスサーバーHP>>

お申し込みフォームの「初めてのご利用の方ボタン」を押す

初心者でも分かるエックスサーバーの借り方−2

ポイント


今回ご紹介する方法は、10日間無料お試しができるサーバーの借り方です。(10日間の間に気に入らなければ、解約する事ができます。)WordPressクイックスタートを申し込んだ場合、10日間無料お試しはできませんのでご注意を!

お申し込みフォームに入力する

初心者でも分かるエックスサーバーの借り方−3

サーバーID欄に、ご希望のサーバーID名(半角英数字小文字3〜12文字)を記載します。

すでに誰かが使用している、ID名がある場合は、登録できません。

ポイント


(例)○○○○.xsrv.jp
→「○○○○」の部分がサーバーIDです。
サーバー申し込み後の変更や修正はできませんのでご注意を!


初心者でも分かるエックスサーバーの借り方−4

ご希望のID名を入れて、プラン「スタンダード」を選択すると、登録できる場合は、サーバーID欄の下に「○○○は申し込み可能です!」と青文字ででます。

(※初心者の方は、プラン「スタンダード」で十分な機能があります!)

その他の登録情報を記載します。

初心者でも分かるエックスサーバーの借り方−13登録できない場合は、サーバーID欄の下に「既に登録済みのサーバーIDです、同じサーバーIDは登録できません。」と赤文字ででます。
別のID名を試しましょう!

 

お申し込みフォームの入力内容確認

初心者でも分かるエックスサーバーの借り方−5お申し込みフォームの入力内容を確認します。


初心者でも分かるエックスサーバーの借り方−6画面下まで確認後、「SMS、電話認証へ進む」ボタンを押します。

 

SMS、電話認証確認

初心者でも分かるエックスサーバーの借り方−7

認証コードが送られてくる(TELがくる)電話番号を、記載します。

あっという間に通知がきますので、携帯であれば、テキストメッセージ(SMS)を選択する方をオススメします。

スマホの場合は、SMSアプリ(iphonでいうと「メッセージ」アプリ)に届きます。

固定電話であれば、「自動音声通話」を選択しましょう!(ボタンを押すと、即通知がきますので、「自動音声通話」の場合はご注意を!)

「認証コードを取得する」ボタンを押します。

 

認証コード入力

初心者でも分かるエックスサーバーの借り方−14

認証コードがきたら、「認証コード入力画面」にて、認証コードをいれましょう!

「認証して申し込みを完了する」ボタンを押すと、申し込み完了です!

初心者でも分かるエックスサーバーの借り方−15
※認証コードがうまく取得できなかった場合は、「認証コードを再取得する」の青文字をクリックして、もう一度認証コードを取得していきます。

 

申し込み完了メールが届く

初心者でも分かるエックスサーバーの借り方−8

申し込み完了後、登録メールアドレスに、「サーバーアカウント設定のお知らせ」メールが届きます。

管理ツールログイン情報などが記載された、重要メールですので、必ず保管してください。

支払い設定をする

今回のレンタルサーバーの借り方は、10日間の試用期間があります。

かなり優秀なサーバーで、初めてアフィリエイトする方には十分すぎる性能と機能があり、試用期間10日間中に色々サーバーを設定をしても、支払いを忘れると全て消えて無くなってしまうので、先に支払い設定を行いましょう。

(※10日間中に行えれば問題はありません。)

 

Xserverアカウント(管理ツール)にログインする

初心者でも分かるエックスサーバーの借り方−9


「サーバーアカウント設定のお知らせ」メール内の「管理ツールログイン情報」のログインURLより会員IDもしくはメルアドとメール内に記載している「Xserverアカウントパスワード」でログインします。

Xserverアカウントページより料金の支払いボタンを選択

Xserverアカウント(管理ツール)にログイン後、左枠にある「決済関係」枠内の「料金のお支払い/請求書発行」ボタンを押します。

 

支払いページより、支払い期間と支払い方法を選択

支払うサーバーIDにチェックマークを付け、「更新期間」と「支払い方法」を選択します。

 

エックスサーバー(スタンダード)の料金設定

エックスサーバー>>

契約期間 初期費用(税抜) ご利用料金 合計
3ヶ月 3,000円 1,200円×3ヶ月 6,600円(税込7,260円)
6ヶ月 3,000円 1,100円×6ヶ月 9,600円(税込10,560円)
12ヶ月 3,000円 1,000円×12ヶ月 15,000円(税込16,500円)
24ヶ月 3,000円 950円×24ヶ月 25,800円(税込28,380円)
36ヶ月 3,000円 900円×36ヶ月 35,400円(税込38,940円)

※キャッシュレスなら、還元あり!

ちなみに私は12ヶ月(1年間)を契約し、契約月がきたら再契約をしています。

初心者でも分かるエックスサーバーの借り方−17支払い完了です!

支払いが完了したら、ドメイン設定をしていきます。

 

まとめ

エックスサーバー
は、初心者にも分かるように誘導してくれる親切サーバーです。

初心者の方でも、ちょっとしたコツで(一度覚えてしまえば)問題無く使え、またアフィリエイト(広告収入業)として腕をあげても、サーバーに物足りさを感じる事が無い性能と機能を備えたサーバーです。

使って見る価値ありです! (私も使用しています。。)

レンタルサーバーを借りた後は、独自(オリジナル)ドメインを取得して、レンタルサーバーにドメインの設定をしていきます。

 

関連記事


アフィリエイト(成功報酬型広告)をするまでの流れ

 

スポンサーリンク

-0からのワードプレス記事副業
-