デザイン時間短縮小ネタ

アートボード+jpg書き出し=校正書き出し時の時短【Illustrator 小ネタ】

イラレ時短-アートボード書き出し1

イラストレーターのアートボード書き出しで時間短縮!

イラレでデザインをして、校正を書き出す時の面倒をほんのチョットですが解消します。

 

最近は、人と人が直接会わないでの仕事のやり取りが多くなってきました。

頻繁にやり取りする方でない場合、メールが一般的です。

 

イラストレーターでデザインをして校正・確認をメールする時のデーターは、PDF形式、もしくはjpg形式。

(メール受け取り側にもまだまだ色々な環境があるので、メールの添付で送るサイズは、1ファイル1MB程度で最大3MBまでがビジネスの常識。)

 

PDF保存でデータが重くなってしまった時には、jpe形式でデザインを書き出して校正・確認が有効です。

 

その時のjpeg書き出しを(チョットだけですが)時短します♪

 

Illustratorでjpg書き出しをする時は、アートボードで書き出すとラク!

イラレ時短-アートボード書き出し2
メチャクチャ簡単なので是非使ってくださいね!

 

知っていると時短できる、イラレでjpg書き出し

イラレ時短-アートボード書き出し3
(1)「ファイル」→(2)「買い出し」→(3)「書き出し形式」を選択

イラレ時短-アートボード書き出し4
(4)新規フィルダを作成

(5)ファイル名を入力

(6)ファイル形式を「JPEG」にする

(7)アートボードごとに作成にチェック

(8)アートボード全て書き出す場合は「すべて」にチェックを入れる。

イラレ時短-アートボード書き出し5

JPEGオプション画面で、カラーモードを「RGB」を選択。圧縮率などはお好みで。

(メールで送る場合は、ファイルサイズを1MBまでにおさえます。)


【紙媒体(チラシなど)デザインをメールで送る(1MB)場合の目安】

  • カラーモード→RGB
  • 圧縮率→5
  • 圧縮方法→ベースライン
  • 解像度→「その他」で250
  • アンチエイリアス→文字に最適

 

途中のページのみ書き出したい時には

イラレ時短-アートボード書き出し6
書き出す時に「すべて」ではなく、「範囲」にチェックを入れ、書き出す範囲を指定する。

・2ページだけ買い出したい時は→2-2

・2ページ〜3ページを書き出したい時は→2-3

 

まとめ

実は、自分もアートボード書き出しを知る前は、(イラレのjpg書き出しは、一番外側のオブジェクトに書き出されるため)書き出したいものの大きさの外側に透明な線を入れて、書き出していました。

でも以外と面倒なのですよね〜。書き出した後、透明な線入れるの忘れてパツパツなJPGができたり、その後イラレを修正をしていて透明な線が邪魔だったり。。

 

その点、アートボード書き出しであれば、透明な線が要らないので、ちょっとしたイライラが無くなりました。

「jpgのアートボード書き出し」メチャクチャ簡単なのでお試しください♪

 

Illustratorでページものをつくるコツ1
Illustratorでページものをつくるコツ【Illustrator 小ネタ】

続きを見る

おすすめ
社会人がadobeをほぼ半額で購入する方法
知らないと損!adobeを安く買う方法[社会人も特割だ!]

続きを見る

webデザイン未経験40代はスクールで通用するのか題名
webデザイン未経験40代はスクールで通用するのか?[試してみました!]

続きを見る

スポンサーリンク

-デザイン時間短縮小ネタ